鼻うがい





外出先から帰ってきて、
「うがい」や「手洗い」をする方は多いですね。
新型インフルエンザなどの予防にもいいとされていますから。

しかし雑菌などで汚れやすいのは喉や手だけではありません。
実は鼻の中も非常に汚れやすい場所なのです。



食塩水で鼻うがい

人間は一日におよそ4畳分の空気を鼻から取り込んでいます。
空気と一緒に雑菌などももちろん吸いこみますから、それらの汚れが鼻の奥に溜まっていきます。

これが原因で風邪を引いてしまうことって多いのです。

ですから最近「鼻うがい」をする方がとても増えています。
これは1%程度の食塩水で鼻の中を洗浄する、というものです。

製薬会社からも洗浄水が数多く販売されているので、これらを使って鼻うがいをする方も多いようですね。

鼻うがいの種類

・食塩水で鼻うがい
・鼻うがいの洗浄液で鼻うがい
・漢方で鼻うがい


様々な鼻うがいが販売されています。
耳鼻科医がつくった鼻洗浄器など多種多様です。

鼻うがいで蓄膿を予防する

耳鼻咽喉科の医師も薦める「鼻うがい」。
風邪、肩こり、花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎、頭痛などに効果があるとされています。

風邪に効果があるということは、風邪が原因で起こる蓄膿も予防できるということになりますね。
鼻うがいを行うと、鼻の粘膜保護や風邪の原因になってしまう雑菌を洗い流してくれる効果があるんです。

ただし鼻うがいをする際に気をつけた方がいい方もいます。

以下に該当する方は鼻うがいをする際に十分に安全を確保してください。

・脳貧血を起こしやすい
・妊娠中や肥満の方のように「お腹が大きく後ろに反るのが難しい方
・脊椎に問題がある方


鼻うがいは上を向いて行うものです。
上記のような方々は立ったままで鼻うがいを行っているち誤って転倒することが考えられます。
ですから、座って行うなど細心の注意を払って鼻うがいを行うようにしてください。

あなたの想像以上に汚れている鼻の奥。
蓄膿やじんましんなど様々な病気に改善をもたらし、予防することができます。

ただし、蓄膿が重症化している場合などはもちろん病院の受診が最優先です。



Copyright(C) 2011 【蓄膿症の原因・症状・治療ナビ】 Allrights reserved.